夢の国☆ディズニーランド・パリへ
f0095714_18202143.jpg

8度目のパリで、今回が初めての子連れでのパリ旅行でした。長男出産の1ヶ月前に、大きいお腹を抱えてパリに来たのが前回→。しばらくは来ることはないだろうな~と思っていたのに、予定したより早く子連れパリ旅行が実現してしまいました。





今までパリに行くときは寝台電車を利用していましたが、今回は子供もいるので、移動時間が一番短い飛行機で移動することにしました。ルフトハンザの直行便でミュンヘン⇔パリ間の飛行時間は1時間30分。

宿泊するところは、出発前日の予約だったこともあって難航。夫がまだ空きのあったホテルやアパルトマン5件ほどにメールを送り、一番早く返信が戻ってきたところに決めました。普通にパリジャンが住んでいるアパルトマンで、場所はサンジェルマン・デ・プレ。観光はせず、買い物が目的だったので、私が行きたいショップが集中しているサンジェルマンは、宿泊するにはもってこいの場所。買い物の途中に荷物が増えたら、部屋まで戻ってきて荷物を置いてまた出掛けることもできるしね。

パリでのアパルトマン滞在は今回が初めて。注意するのは立地、部屋は何階か、エレベーターはあるか等々。結局キッチンも一度も使わなかったし、ホテルでもアパルトマンでもどちらでも良かったかな。

滞在中に困ったこともありました。何かの点検の人が部屋に来て、ドアを開けろと言われ。。。警戒心が異常に強い夫が頑としてドアを開けず、長い時間粘っていた作業員の人たちも最後は渋々引き上げていきました。私だったら根負けして開けていたと思います。ホテルだったらこういったことはないだろうし、一人で泊まるならやっぱりホテルかな。

f0095714_1826849.jpg

パリではトイレを探すのに苦労するので(ちなみに私はカフェのトイレを使わせてもらう)、おむつを替えるスペースもなかなか見つからない。次男がうんちをして、おむつを替えなければならなかったとき、どの店にもトイレすらなく。困った夫が道を歩いていた赤ちゃん連れママに聞くと「トイレはないからそこのベンチで」と言われたそう。苦笑)

あとは汚い。バス停に座っていた長男:「なんか牛くさい。マミー、牛どこにいるの?」。パリの街中に牛はいないですよ~。苦笑)飲んで深夜に帰ってきた夫は、あまりの地下鉄の汚さに絶句。そのへんで吐くは立ち小便はするわ。。。子供に何度、汚いから近づかないで・触らないでと言ったことか。パリは大好きな街だけど、住みたいとは思わないかな。ちょくちょく遊びに来るのがベストです。

f0095714_18263721.jpg

そして一番の問題は、パリの地下鉄にはエレベーター・エスカレーターがほとんどないこと。あまりにも不便なので、夫が「車椅子の人はどうやって移動するんだろうね」と。階段を上り下りする際は、ベビーカーを持ち運ばなければなりません。

ただし、すぐに誰かが手伝うよ~と声を掛けてくれるので大丈夫。誰かに助けてもらったとしても、自分も一緒に運ばなくてはならないのでやっぱり大変ですけどね。

今回、うちの夫は1人で2人の子供を連れながらパリ市内を移動しました。マクラーレンと、Kindertrage/Kraxe(子供を入れて背負う大きなリュックサックのようなもの)を持参して、子供をそれに乗せたり歩かせたりしながら。パリ初日、部屋に戻ってきて合流した夫に「今日は1日大変だったでしょ」と聞くと、「全然大丈夫だったよ。明日も一人で買い物してきな~」と意外な答えが返ってきました。

f0095714_1827335.jpg

なんと、うちの夫。方向音痴でパリの土地勘もそれほどないのに、バス移動したんだそう。私もパリでは地下鉄ばかりでバスは今まで利用したことがなく、バスは盲点でした。確かに、ベビーカーを持ち上げることもなく、楽にバスに乗り降りできる。なるほどなあと、私も今回はバスを利用してみました。

歩いている途中でバス停を見つけたら、路地図をチェック。自分の目的の場所を通るバスであれば、バスが来るのを待ってバスに乗るだけ。チケットは、地下鉄で利用するカルネがバスでも使えます。ある程度の土地勘があれば、パリでのバス移動は便利。地下鉄の中のように暑くも臭くもないしね。特に、小さな子供連れにはオススメです。

f0095714_18223541.jpg

そして今回、ディズニーランド・パリに初めて行ってきました。私が買い物している間、夫が子供たちを連れてディズニーランドに行って来ると言うので、その日ばかりは買い物どころじゃないと私も同行。

パリ市内からだと、RERで40分くらい。2つのテーマパーク「ディズニーランド・パーク」と「ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク」があります。入場料は、大人2人で両パーク1日券が150ユーロ。チケットもけっこういい値段だし、楽しいし、次来る時にはディズニーランドで丸一日たっぷり過ごしたいなあと思いました。結局、今回はディズニーランド・パーク1つしか見て回れなかったしね。両方行くなら1日では足りない。ディズニーランド近くに1泊して 2日間あれば、2つのテーマパークを楽しむことができるかと思います。

f0095714_1823112.jpg

11時頃には、ディズニーのキャラクターが音楽とともに登場。私はディズニー好きという訳ではありませんが、やっぱりディズニーランドってワクワク・興奮しますね。この日は夏休み期間中の土曜日ということで、さすがに混雑していました。人気のあるアトラクションは待ち時間70分とかで、小さな子供が乗れそうなメリーゴーランドでも30分待ち。東京ディズニーランドと比べれば大した事ないかもしれないけれど、今度は平日に来ようと思いました。30分も待ってまで乗るつもりはなかったので、待たずに済んだ場内1週の電車と、大型船にだけに乗りました。

次、また来るときのための下見・見学のつもりだったので、今回はディズニーランドに一日中いる予定はなく。朝10時に入園して、15時にはパリ市内に戻ってきました。長男:「またミッキーマウスのおうちに来ようね♪」

ディズニーランドのほかに、長男が気に入ったものがエッフェル塔。エッフェル塔はどこが気に入ったのか、小さな置き物まで買ってきました。夫に聞いたところによると、お土産物屋で自分で選んで買ってきたらしいです。ほかにもいろんな色があったのに、なぜかド派手なピンク色のエッフェル塔が気に入って購入。ピンクのエッフェル塔も斬新でいいかも。笑)

f0095714_18233539.jpg

二人ともあまり手はかからないとはいえ、慣れない土地で、文句も言わずに一人で3才+1才児の面倒をみた夫。私なんて、仕事で夫が数日間家を空けるだけでも、ブーブー文句を言うのに。苦笑)さすがに何だか悪いなと思い、夫には子供たちが寝静まってからパリのナイトライフを楽しんでもらいました。テクノディスコに行ったものの、女性同伴・要するにカップルじゃないと入れないと言われ、バーで一人飲んで帰ってきた夫。私とか友達と一緒ならいいけど、一人ではつまらなかったそう。まあ結局、私より大量に洋服を買い込んできたみたいだし、夫もパリを満喫したみたいです。

パリは本当に刺激的で、買い物して美味しいものを食べてストレス発散。楽しかったけれどあちこち歩きまわってグッタリ、やっぱり都会は疲れます。。。うちの町で自由な時間があっても仕方ないし、パリでの自由時間だからこそ意味がある。こんな機会を作ってくれた夫に感謝です。母もたまには一人の時間・息抜きが必要。といっても、一人の時間だけでは寂しいし、たまの自由だからいいんですよね。パリでの一人時間をたっぷり満喫させてもらいました。
[PR]
by miezchen | 2012-07-13 18:33 | 旅行 | Comments(0)
<< パリの味を自宅で楽しむ。 誕生日プレゼントはパリ旅行! >>