パリの味を自宅で楽しむ。
f0095714_1640895.jpg

パリで買ってきたものを、毎日ちょっとずつ小出しにして楽しんでいます。




アンジェリーナで買ってきたショコラ・ショーは、もう少し寒くなってきたらいただくとして。。。まずはジャック・ジュナンのチョコレート(写真↓・右上)、そして生キャラメル(写真↑)。アルミ製のBoxがスタイリッシュで、お土産で持ち帰っても中のチョコレートやキャラメルがつぶれないのが〇。

ゆっくり味わって食べようと思っていたのに、夫がいつの間にか生キャラメルを食べていて、気づいたときには残り4個。夫をガッツリ怒ったのは言うまでもなく。苦笑)仕方なく、残り少ないキャラメルを食べてみると、、、なんだこの食感は?!やわらかくて、濃厚で、素材を生かしたキャラメルが、口の中でスッととろけていきます。ショコラ、マンゴー、ピスタチオなど、店頭には7種類くらい並んでいました。

MAILLE のマスタード(写真↓・左上)。マスタードの量り売りもしていて、こっちの陶器の入れ物の方がかわいかったのですが、飛行機移動があるのでビン入りにしておきました。買ったのは「マスタード+はちみつ」、夫が好きそうな「タイ風マスタード・マンゴー+スパイス」、試食して美味しかった「マスタード・パプリカ+ニンニク」。グリルした肉につけて食べたり、バケットに塗って具をのせて食べたりしています。

f0095714_1643113.jpg

そして、Le Comptoir Bauloisというお店の"Fondant Baulois(フォンダン・ボロワ)"。フォンダンショコラに似てはいますが、中からドロっとチョコレートが出てくることはなく。外はちょっとサクサク・中は半生でしっとりとしたチョコレートケーキです(写真↑・左下。写真↓)。飛行機で移動することを伝えると、赤いしっかりとした箱に入れてくれます。材料は、カカオ、小麦粉、卵、精製していない砂糖、ゲランド産塩の花入りバター。食品添加物は使用していなのに、けっこう日持ちがするのでお土産にもいいです。ちなみに私が7月頭に買ったもので、賞味期限が7月30日。約1ヶ月といったところでしょうか。

ところが1コ目をあっという間に食べ終わり、2コ目に手をつけようとした先週末のこと。よく見たら表面に所々、カビが生えているではありませんか。泣)保存料が入っていないし、商品が並んでいたショップも夏は暑めだし。自宅では食感が悪くなるかなと冷蔵庫でなく、涼しいところで室温保存はしていたのですが。。。暑い時期に買うときには、賞味期限内であっても要注意です。

私が買ったのは20ユーロのもの2つ。大きさは直径15cmちょっとですが、小さくてもズッシリ重いです。オンラインで買えないかなとホームページを見てみると、、、あっ買える。パリに行かなくてもパリの味が楽しめるなんて、便利な世の中になりましたね~。ちょっとした来客があるときにケーキを焼かなくていいし、もう少し涼しくなったらネットで注文してみようと思いましたが。。。うちの夫は「わざわざネットで注文して食べるほどではないかな」と。美味しいけれどずっしり重いし、20ユーロも出してまで買うほどではないそう。私は半生風のチョコレートケーキ、けっこう好きだけどなあ。まあ、そのうち濃厚なケーキがまた食べたくなったらオーダーしてみるかも。→こちら

* Le Comptoir Baulois(ル・ コントワール・ボロワ):34 rue Godot de Mauroy Metro・3、9番線 Havre-Caumartin駅。

最後は、ジャン=シャルル・ロシューの"カルーセル"(写真↑・右下)。外観はコーヒーの手引きミルのような形をしていて、レバーをまわしてチョコレートの表面を薄く削りながら食べるというもの。店頭で試食させてもらうと、、、見た目は、花びらのように繊細なチョコレート。チョコレートを薄く削ることによって空気が含まれるので、口に入れた瞬間にとろけます。本体にはヘーゼルナッツ味のチョコレートがついていて、あと替えのチョコレートはいろんな味があった中からキャラメルを選んで購入。

お店にはほかにも、動物の形をしたチョコレートがたくさん並んでいました。これ買って行ったら長男が喜ぶだろうな~とは思いましたが、お値段が。。。手のひらサイズで30ユーロとか。うちの長男は、すぐ食べておしまいになることが想像できるので買いませんでした。

カルーセルは見た目にもかわいいし、削りながら食べるという発想が面白い。今度、パーティーやカフェタイムにみんなで削りながらいただこうと思います。

* Jean-Charles Rochoux:16 Rue d'Assas Metro・12番線 Rennes駅

f0095714_1641663.jpg

[PR]
by miezchen | 2012-07-16 17:02 | 料理・菓子・パン | Comments(0)
<< 1才2ヶ月・親子で納豆生活 夢の国☆ディズニーランド・パリへ >>