手作り粘土であそぶ。
f0095714_212145.jpg

先日、プレイグループに行ったときに先生が作ってきてくれた粘土。次男は案の定、ちょっと触り口に持っていって味見していました。しょっぱくて美味しくないので、すぐにペッと吐き出したけれどね。次男が楽しそうに遊んでいたので、材料と作り方を教えてもらい、家でも作ってみることに。

Knetgummi:小麦粉 2.5カップ、塩 1/2カップ、お湯 1.5カップ、サラダ油 大1、Weinsteinbackpulver 大1(酒石酸水素カリウム。クリームオブタータ。お菓子作りにも使われる膨張剤の一種)、Lebensmittelfarbe(食品着色料)少々。Weinsteinbackpulverは、普通にスーパーでも手に入ります(ちなみに私はEDEKAのBioコーナーにあったものを購入)。

f0095714_206126.jpg

小麦粉粘土の作り方:小麦粉、塩、Weinsteinpulverをボールに入れて混ぜる。そこに熱湯と油を入れて捏ねる。混ぜていて柔らか過ぎるようだったら小麦粉をさらに足して、ボロボロとまとまりにくいようだったらお湯を足して調整する。色をつける場合は、着色料を入れてさらに混ぜ合わせて完成です。火にかける作り方もあるようですが、教えてもらったやり方では熱湯を使用して火を通しません。

着色料は、数滴入れれば色が付くものだと思っていましたが、なかなか色がつかず。けっこう入れて、ようやく薄っすらとキレイな色になりました。青と赤と黄色の粘土を作りましたが、長男が全ての粘土を混ぜてしまい、マーブル色から最終的には緑色の粘土になりました。苦笑)

小麦粉粘土は簡単に作れて、材料費もあまりかからず。小さな子供が口に入れてしまっても大丈夫だし、市販のものよりもいい↑。オススメです。触った感触もすごくいいので、私もしばらくコネコネしてしまいました。使い終わったあとは、ビニール袋に入れて保管。発酵して腐ることもあるようですが、うちは1週間経った今も、問題なく使えています。

夫が長男と遊ぼうと思って買ってきた市販のTon(粘土)。気が向くと、二人で一緒に何かを作っています。写真は、一番最初に長男が作った作品「きのこ」。

f0095714_2064944.jpg

[PR]
by miezchen | 2012-11-01 20:09 | 育児 | Comments(2)
Commented by cories at 2012-11-02 21:00
小麦粘土、いいですよね!
私もさやが小さいころ良く作ってました。
私のはシンプルに、粉と水とお塩だけでしたけど。
形を作って、オーブンで焼いたりもしましたよー。
口に入れても安心だし、あんまりべとべと汚れないし、
何度か飛行機での長距離移動のときに、
おもちゃとして持っていったことがあります。
Commented by miezchen at 2012-11-02 23:17
焼いてオーナメントにするのもいいですよね♪
クリスマスに小麦粉粘土でオーナメントを作ろうかとも思ったのですが
長男は食べられるものの方がいいみたいで。。。苦笑)

coriesさんは、飛行機移動のときにも持って行かれたんですか~。
確かに、いい時間つぶしになりそうですし、使い終わったら持ち帰らずにそのまま捨てられるし良さそうですね↑。
でもうちは、遊び終わったあとにスゴいことになってしまうんですよね。汗)
あまり汚さず上手に遊べるようになったら、機内持ち込みも考えてみようかと思います。
<< 日本のアイディア文房具 ちょっと変わったかぼちゃのスープ >>