から揚げは母の味。
f0095714_17192795.jpg

うちで食べる卵。叔父さんがニワトリを飼育しているので、そこで採れたものを譲ってもらっています。散歩がてらに近所の叔父さんの家へ行き、うちで出たレタスや白菜などの野菜くずをニワトリにあげて、卵をもらってきます。




ここのニワトリは放し飼いで、エサは生えている草や穀類のほかに自分の家の庭になる無農薬のりんごやブドウ、葉物野菜を与えているようです。ぶどうを採って手に持って食べていると、ニワトリが大量に集まってくる。笑)写真↓では、ニワトリがぶどうを取り合って食べています。なので、もちろん生でもOK。ティラミスやすき焼きで生卵を使ったり、あとはあつあつのご飯に生卵をかけて食べたり。

20匹ほどニワトリを飼っているので、毎日採れる卵も20コほど。その中に一つだけ、緑色の卵を産むニワトリがいるんだそう。冗談かと思ったら、確かに白い卵と比べると薄い緑色!

そしてうちで食べている肉。豚肉はいつも行く肉屋さんで買いますが、牛肉と鶏肉は農家から直接買うようにしています。夫がスーパーの肉は食べたくないと言うので、肉は肉屋から買っていました。それが、飼育状況を見て農家を選び、そこから直接買ってと言うようになり。。。苦笑)

鶏肉や鴨肉は、義母が農家から直接買うときに一緒に買ってもらっています。もちろん、抗生物質を与えられ小屋やケージ内で飼育されたものではなく、ちゃんとした餌を与えて広い土地で放し飼いにされたもの。買いに行くのは2ヶ月に1回程度なので、数ヶ月月分をまとめ買いします。骨付き鶏もも肉は30本ほど買って、一気に解体して骨をはずしてから冷凍庫へ。毎回、かなり手間がかかる仕事です。汗)

f0095714_17202180.jpg

そして牛肉は、子供たちとよく見に行く農家の牛の肉を購入しています。ここの牛も、広~い牧草地で放牧されているもの。子供たちが喜んで見に行く牛を食べるのはどうかな?とも思いましたが、長男に説明してみたら大丈夫そうだったので。うちの夫は小さい頃のトラウマがあって、羊の肉が食べられません。子供の頃に家で飼っていた羊がいたのですが、ある日それが食卓に並んだんだそう。ペットのように可愛がっていた羊とは知らずに、口にしてしまったことにショックを受けた夫。それ以来、羊の肉だけは食べられなくなったそうです。

ここも1、2ヶ月に1回くらい、牛を解体して販売しています。1週間くらい前に「来週売るよ~」と連絡が入るので、自分の欲しい部位と量をメールしてオーダー完了。あとは、オーダーした肉を自宅まで届けてくれます。

うちの長男はから揚げが大好きなので、週に1回は唐揚げを作っているかも。今日も外で食事をとるために出掛けたのですが、長男は「マミーの唐揚げが食べた~い」と最後まで行きたがらず。私の中では、やっぱり母が作る唐揚げが一番だったりします。息子たちにとっても、私の作る唐揚げが忘れられない母の味の一つになればいいなあと、美味しい唐揚げの作り方を試行錯誤中。

うちの夫は唐揚げをおかずにして白いご飯を食べるのが苦手らしく、唐揚げには手作りのピリ辛のソースが必須です。最近では、唐揚げを太巻き寿司にして食べるのがお気に入り(写真↓。次男は海苔が上手に噛み切れず、すごいことになっています。苦笑)。のりに酢飯と唐揚げ、スライスした玉ねぎをのせて、マヨネーズをかけます。初めのうちは何を考えているんだ、、、と呆れていましたが、これが美味しくて私もハマってしまった。笑)

唐揚げがメニューの日は、ついでにサーモンも購入。月曜日と木曜日に魚が入荷するので、そのときに新鮮なサーモンを買ってきます。このサーモンの刺身が大好きで、うちでは週に1回は食べます。脂がたっぷりのっていて、半身をスライスしているうちに指先の体温で脂が溶け出す。両親が日本から来たときも「このサーモンは日本のよりも美味しい!」と、何度も酒のつまみで刺身を食べていました。ちなみに私は上手に太巻き寿司が巻けないので、うちでは夫が巻き担当。

f0095714_17205523.jpg

[PR]
by miezchen | 2012-11-09 19:05 | 料理・菓子・パン | Comments(2)
Commented by cories at 2012-11-10 03:27
ひゃー!次男くん、ほんとに大変だ!笑

お肉でも卵でも野菜でも、出所や、飼育・栽培法がちゃんとしているものが一番いいですよね。食べるときも、一層ありがたく食べられる気がします。

から揚げ、私も実家の母の味が一番すきだなあ。ちょい濃い目で、ジューシーなから揚げ。食べたくなってきました!
Commented by miezchen at 2012-11-10 06:32
うちの母のから揚げも、ちょっと濃い目の下味が付いていて衣は薄めです。
やっぱり目指すは母の味かな。
でも作り方を聞いて再現しても、なかなか同じ味って出せないんですよね。。。

そうですね。動物たちや生産者の顔が頭の片隅にあると
無駄に食べ残したりは出来なくなりますし、感謝の気持ちも増す気がします。
"誰が・どのような環境で・どんな方法で育てたのか"が分かるものを
できるだけ購入していければなあと思います。
<< 聖マルティン祭 手作りモンブランと葡萄の収穫 >>