誕生日にサンデーブランチ
f0095714_22455575.jpg

先週は義母の誕生パーティーがありました。



誕生日当日は、義母が旅行から帰ってきた翌日ということで、みんなを招いてのパーティーは改めて日曜日に行われることに。先々週は義妹の誕生日もあったのですが、旦那と二人でレストランに行くということで「家に来ても誰もいないからね~」と。義姉も誕生日には、オーストリアへ行っていて留守。友達3人と3日間のスキー&ウェルネス旅行のため、こちらもパーティーはナシでした。

うちは子供の誕生会はするけれど、私と夫の誕生日は家族4人だけで祝うという事はみんなに宣言済み。その影響もあってか、夫の家族の誕生日も、みんなが集まってのパーティーをしないパターンが定番になりつつあります。もちろんキリがいい年の誕生日は別ですけどね。。。誕生日当日にお祝いの電話をする、もしくは後日会ったときにおめでとうと言うだけでOK。

義母の誕生日当日。夫の仕事が終わってから、一応プレゼントを持ってお祝いへ行きました。この日は旅疲れもあって十分な準備もできず、さらにキューバ・アメリカ帰りということもあって、ディナーはハンバーガーでした。笑)

具材はハンバーグ、チキン、ベーコン、野菜類(レタス、トマト、玉ねぎ、炒めた玉ねぎ、アボカド、ピクルス)、チーズ、ソース各種。自分でラクレットグリルで温めて、好きな具を挟んで、ソースも塗っていただきます。ラクレット以外にも使い道があるんですね~。セメルを使用したので外側がパリパリ、普通のハンバーガーバンズよりも好きかも。もちろん、ファーストフードのハンバーガーとは比べ物にならない出来。子供の誕生会とかにも良さそう↑。

食事が終わると、キューバとアメリカ・フロリダの写真を見せてもらいました。サルサ教室に通って、観光して周って、飲んで、食べて、泳いで楽しんできたようです。クリスマス前にはトルコに2週間、クリスマスから新年にかけてイタリアに1週間、そしてキューバ+アメリカに4週間、そのほかにも短期の旅行等、12月~2月の3ヶ月の間に2ヶ月は旅行に出ていて留守でした。毎年、冬の間は家にいたくないからと、どこかの国に逃避行。彼らが今回行ったキューバは、夫が行きたいと言っていた国の一つ。久しぶりにカリブ海もいいね~と話してはいたのですが、今回写真を見て「なんだかイマイチ。もう行かなくてもいい」と言っていました。苦笑)

f0095714_22464917.jpg

義母から「誕生パーティーどうすればいいと思う?」と事前に相談を持ちかけられた際、サンデー・ブランチがいいかもという事になり。ランチだと、うちの子供たちのお昼寝があるので長居ができないんですよね。ブランチだったら10時くらいに集まって食べ始めて、多少はのんびりできるかなと。料理を準備するのも毎回大変だろうなと思い、ホテル式の朝食ビュッフェを提案してみました。ビュッフェなのでセルフサービス、慌ただしく動き回らなくてもいいですしね。

私が20代の時、ヨーロッパをバックパックで周り、各国のユースホテルに宿泊しました。ドイツのユースホテルでは、安い宿泊費でこんな豪華な朝食が食べられるの?!と思った記憶が。私がこの時に訪れた国の中では、ドイツの朝食が一番でした。

10時くらいにみんなが集まり始めて、食前にシャンパンを飲み、お腹がすいた人から食事をスタート。メニュー:手作りヌーデル(甘いパン)2種、パン各種、ハム・サラミ10種の盛り合わせ、チーズ8種、フルーツサラダ、りんごのコンポート、果物(メロン、パイナップル、プラム)、生野菜、ミューズリー、ヨーグルト数種、ジャム類、手作りケーキ3種。温かいものは、焼きベーコン、蒸し野菜、白ソーセージ、好みの卵料理。卵料理は、一人ひとりからオーダーを受けて作ってくれました。

写真左下:NESPRESSOのコーヒーメーカー。義母宅のキッチンにはもう1台、スタンダードなコーヒー豆使用のマシンがありますが、これはキャンピングカー専用・旅行時の持ち運び用として購入したものだそう。コーヒーが大好きなドイツ人。大抵の家庭にはコーヒーマシンが常備してあります。ネスプレッソのコーヒーメーカーは、普通のコーヒー豆からではなく簡易カプセル式なのが特徴。利点としては、キャラメルマキアートなど様々なフレーバーが楽しめる、鮮度が保てる、マシンがコンパクトで場所をとらない、カプセルなので掃除・手入れが楽なことでしょうか。

写真一番上:フルーツ好きの長男の皿には果物がいっぱい↑。

f0095714_22473767.jpg

[PR]
by miezchen | 2013-03-05 23:09 | 誕生日 | Comments(6)
Commented by uki2bnny at 2013-03-05 23:35
ドイツでは誕生日が一仕事と、みなさんおっしゃってるんですよね(勿論、ドイツ人とご結婚されている方)。バフェ方式とはいえ、やはりこれだけの準備は相当大変でしょうね。
私もドイツのホテルが大好きです。綺麗で、安くて、充実の朝食! ヨーロッパの中で一番好きです。
Commented by Bier-Reise at 2013-03-06 04:17 x
こんにちは!
お誕生日ブランチってとってもいい案ですね。ドイツでは朝食にお呼ばれる事が、お茶の時間の次に多いです。確かに、こういうお食事はドイツ人皆好きだし、招待する側も、お呼ばれされた側も両者が楽しめていいですね。今度我が家もやってみようかな〜
Commented by miezchen at 2013-03-06 04:38
>uki2bnnyさん
ドイツの朝食って、けっこう豪華なんですよね↑。
初・ドイツ来訪時は、ユースで20ユーロ程度の宿泊費で
こんな朝食が食べられるの~と嬉しかったのを今でも覚えています。
そうですね。これだけサーブするとなると、買い物、ヌーデルやケーキ等の調理、
盛り付け等々かなり時間が掛かったと思います。
手抜きができるようにと提案したのに、、、普通に料理を出した方が楽だったのかもしれません。苦笑)
Commented by miezchen at 2013-03-06 04:51
>Bier-Reiseさん
ビュッフェはより取り見取りで、あれもこれもと目移りしてしまいます。
セルフサービスなので、食事が始まってしまえばみんな自由に持っていって食べてくれる。
迎える側も、食事の際にゆとりが持てていいですね。
ただし、かなりの種類を揃える必要があるので
買い物等の準備は意外と大変かも、、、と今回思いました。
みんな好きなメニューだし、楽しいし、その点ではいいですね。
そして何より子供連れだと、お昼寝の時間にもかぶらないし
夜の就寝時間の心配もないし、ブランチの時間帯が最高だったりします。
Commented by maru at 2013-03-08 04:14 x
素敵です。好きに食べて、、、という中での準備、案外センス勝負ですよね! 見習わねば。
Commented by miezchen at 2013-03-08 04:36
パーティーでゲストを迎える方が、完璧に食事の準備をしてくれていて、
ゲストに気を配りつつ会話を楽しむもてなし上手だと、すごいなあと感心してしまいます。
私はもてなし下手で、ゲストがいるのにバタバタしがちなので
ビュッフェスタイルの食事を、もっとうちでも取り入れられればいいなと思いました。
<< お団子ヘアーの雪だるま。 子供と楽しむ東京・横浜の旅 >>