海外でふわふわパンを焼く。
f0095714_6132018.jpg

今のところ、まだわが家のパン生活は続いています。週に1、2回は焼いているかな。




焼いたものを冷凍保存して食べているので、毎日焼く必要はなく。食パンは材料を入れてタイマーをセットするだけなので、さらに簡単に作れます。食パンなら、毎日焼いても苦にならないくらい。ふわふわ感がなくなってきたらトーストして食べます。保存料はもちろん入っていませんが、今の時期だと5日はカビずに大丈夫でした。まあ、焼き立てが一番ですけどね。

と、よく考えてみると、日本で売っている市販の食パンってコワいなあと。。。家で焼く無添加の食パンは、時間が経つにつれどうしてもパサパサしてきてしまう。でもこれが普通。何日経ってもふわふわをそのままキープなんて、添加物が相当入っているんでしょうね。子供には食べさせたくない↓。

前日に材料をホームベーカリーに入れて、タイマーをセット。翌朝にはアツアツの焼き立て食パンが出来上がっています。朝起きて1階に下りていくと、焼きたてのパンの香りが広がっていて幸せ~。焼き上がった食パンはふっかふか、もちもち、外パリ。あまりにふわふわで、スライスするのが大変なほど。

私が買ったホームベーカリーについて。ドイツパンは義母に教わったレシピで作るので、HBは必要ナシ。基本的に、日本のパンを作るつもりでHBを購入しました。HBを購入するには、、、1.変圧器を使用して日本のHBを使う。2.日本の海外向けHBを購入する。3.ドイツのホームベーカリーのどれか。1は即却下で、2か3のどちらにしようかなと。ちょっと調べてみたら、海外で売られているHBの中でもパナソニック製はふわふわパンが焼けるらしいということが分かり。日本でわざわざ買ってドイツに送る必要もないしね。結局、ドイツで購入できるパナソニック製のHBで、一番新しい機種のPanasonic"SD-ZB2502BXE"を購入しました。

うちでパンを作るときは、2斤分を一度に作ります。日本で販売されている一般的なHBは1斤~1.5斤、海外のHBは2斤ちょっとは焼けるので容量は大きめのようです。メニューは27ほどあって、食パン数種、バケット、ブリオッシュ、ピッツァ、ジャム、コンポート等々があります。日本のHB・日本の海外向けHB・ドイツのHBを使い比べていないので違いは定かではありません。うちでふわふわパンが焼けるのは、マニトバ粉がいいのか、それともパナソニックのHBのおかげか。今のところは、このHBで十分満足しています。

ちなみに炊飯器は、海外向け・日本の炊飯器とドイツの炊飯器を同時比較しました。うちで使っているのは、Tigerの海外向けIH炊飯器"JKC-R"。以前は、UNOLDの20ユーロくらいで買った炊飯器を使っていました。ドイツの炊飯器を使っていた時には、簡単にご飯が炊けるし(それまでは鍋で炊いていた)これで十分。でも、日本で買ってきたこの炊飯器を使い始めたときに、美味しさが何となく増したような気が。違いがはっきり分かったのは、子供の誕生会の時。手巻き寿司を作るため、大量のご飯が必要になり、2つの炊飯器を同時に使用しました。炊きあがって蓋を開けたとき、ご飯のツヤがもう全然違った。見た目も違いましたが、食べてみたら違いは歴然。海外の炊飯器を使っていた時には、これしか知らなかったこともあって普通に美味しいご飯が炊けて満足していました。でも、食べ比べてしまったらもう日本の炊飯器は手放せないなと。

先週はプレーン食パンではなくて、レーズン食パンも焼いてみました。長男も次男もレーズンが大好きなので。HBにレーズンやナッツの自動投入機能が付いていて、そこにレーズンをセットするだけでOK。出来上がったパンをスライスしてみると、まんべんなくレーズンが入っていました。朝食でレーズン食パンを出すと、次男はレーズンだけをほじって食べているし。苦笑)

1週間ほど置いてパサパサになったレーズン食パンは、朝食用にフレンチトーストにしました。これが、Kaiserschmarrnみたいで美味しかった♪子供たちにも大好評で、おかわりして食べてくれました。

f0095714_61348100.jpg

[PR]
by miezchen | 2013-04-25 06:31 | 料理・菓子・パン | Comments(2)
Commented at 2016-09-04 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miezchen at 2016-09-20 16:50
>鍵コメさん
コメントありがとうございます☆
自分でもまだ決まったレシピがあるのではなく、いろいろ試行錯誤中ということもあったりしてレシピは基本的に載せていません。すみません。。。
HBはサンドイッチコースは使ったことはなく、ベーシックだったりWhole wheatだったり。最近はWhole wheatを使うことが多いです。考えてみたらほかのコースはほぼ使ったことがないので、いろんなコースで試してみるのも良さそうですね。私が使っているHBのマニュアルを見ると、サンドイッチとWhole wheatはそんなに違いはないようなので、コースというよりは材料の問題かな?と思ったり。
ドイツの粉類では焼いたことがないので分かりませんが、マニトバ粉を使ってふわふわの食パンが焼けています。
あとは材料の配合を自分の好みでいろいろ変えてみたりして、何度も焼いてみるといいかもしれません。
<< ホームベーカリーで餅つき 古城街道のOsterbrunnen >>