猛暑の影響は…?野菜・果物の収穫
f0095714_2356489.jpg

すっかり秋の陽気になりましたね。先週からは足が冷えて眠れないので湯たんぽ使用。




今年は猛暑の影響か、野菜や果物の収穫にも影響が出ています。Zwetschgen(西洋すもも)は例年よりも虫が入っているものが多く収穫量も少なめ。トマトもかなり大きく育ちましたが、実は少なめだったし。6月と8月に2度収穫期を迎えるラズベリーは、8月はあまり採れませんでした。うちの子供たちはラズベリーが大好き。三男もラズベリーに目覚めて、家を脱走するとラズベリー畑に向かい、そこで実を採って食べています。笑)基本、ほとんど水遣りしないので猛暑が影響したのかなと。

写真↓・左上&右上:子供たちがトマトを収穫中。黄色いトマトが珍しかったらしく、これを好んで食べていました。かなりのプチサイズです。幼稚園や学校に持っていくお弁当によく入れています。

そして枝豆も収穫済み。うちの家族は全員、枝豆が大好き。三男にも食べさせてみたら、見事にハマって食べる、食べる。みんなが2回食べられるくらい収穫できました。残ったものは乾燥させて、来年また植えようかなと。

いんげんやきゅうりも大収穫。かなり採れたので、食卓に上がる機会も多く。買い物に行かなくてもサッと野菜料理が出せるので助かりました。

一方、とうもろこしはダメでしたね。育つには育ったのですが、実の粒が貧弱で食べられませんでした。

f0095714_23573583.jpg

かぼちゃも今年は20コくらい採れました。写真↑・左下は日本の栗かぼちゃ。今年は、日本のかぼちゃとドイツのかぼちゃを育てました。写真のカボチャは温室で育てたものでやや小ぶり。外で育てたものの方が大きく成長しました。子供たちが好きなので、かぼちゃの煮物といとこ煮は必須。ほかにもいろんな料理に使えるので、これから何を作ろうかなあと考えているところ。長く保存できるので、1週間に1個くらいずつ消費していこうと思います。

そして、じゃがいも。子供が喜んで収穫していました。穴を掘るのも好きだし、土から次々にじゃがいもが出てくるのが楽しかったみたい。土の中にできる野菜は、掘り出すまでどうなっているかが分からないから面白いです。根っこの先端にじゃがいもが出来ているのをマジマジと観察。「ほんとだ。先にじゃがいもができてるー!」。以前、こどもちゃれんじでサツマイモやじゃがいもについて読んだことがあって、それを覚えていたみたいです。正確には、じゃがいもは根ではなくて茎の先端がふくらんで成長したもの。ちなみにさつまいもは根が太くなったもの。来年はじゃがいもとサツマイモを植えて、同時に収穫・比較したら面白いかも。

じゃがいもも長期間保存可能なので地下室に置いておき、早速カレーに使いました。もちろん子供たちも一緒に作ります。じゃがいもの保存方法や、芽・皮に毒が含まれていることがあることを話しつつ。

これから旬の時期を迎える、野菜や果物の収穫も楽しみです。

f0095714_235759.jpg

[PR]
by miezchen | 2015-09-17 23:59 | ガーデニング・菜園 | Comments(0)
<< 夏の思い出と難民問題。 ロボット掃除機の比較。 >>