お城で紅葉狩り♪
f0095714_18474063.jpg

今日から秋休みの子供たち。




今日はお天気がいいので、子供たちは朝から庭で遊んでいます。私はつかの間の自由時間。家の中にいるとどうしても力が有り余って、うるさいし走り回るし。で、結局ケガをしたり、兄弟喧嘩になったり、私の雷が落ちたりするのは目に見えているので。汗)

ドイツでは10月初旬から11月初旬にかけての期間に、1~2週間のお休みがあります。休暇の日数や時期は州によって様々。バイエルン州では秋休みは1週間ですが、2週間のところもあるんですね~。

f0095714_1852227.jpg

*****

とある秋晴れの午後に、お城へ散歩に行ってきました。地元の人がちらほら散歩しているくらいの、人が少ない穴場。この日も会ったのは、ベビーカーを押した3組とお年寄りのカップルのみ。静かなのでのんびり過ごせる大好きな場所の一つです。ただし、うちの子供たちが行くと一気にうるさくなりますけどね。。。苦笑)

子供たちと仲良しのお友達も連れて、総勢6名の子供たちの引率。夫もどうしても一緒に行きたいと言って、午後から仕事を抜け出してついてきました。

宿題が終わる2時過ぎに、それぞれの家へ立ち寄って子供たちをピックアップ。暗くなる5時半くらいまでたっぷり遊んできました。

f0095714_1993490.jpg

三男は初めから終わりまで歩きっぱなし。夫がKraxeも持参しましたが、一度も使わず仕舞いでした。

このKraxe、購入したときにはそんなに使う機会がなさそうだなと思いましたが、うちの夫が気に入って愛用しています。ベビーカーが使えない登山やハイキングだけでなく、パリなどの都会に行くときも1人をKraxeに乗せて、もう一人は手をつないで。夫が子供2人の面倒をみるときによく使っています。

抱っこ紐は3人育てましたが、今まで使ったことがなく。日常生活でも必要な場面がなかったし、私は外出時はベビーカーだし、抱っこするときは夫担当だし。Kraxeだと頑丈なので転んだりしても抱っこ紐より安全、お互いの体が密着しないので体が触れる箇所に汗をかくこともなく、スペースにも余裕があって乗り心地・座り心地も良さそう。重さがネックになりますが、夫が背負うのでそれも問題なし。長時間の外出時に便利です。

f0095714_1984238.jpg

写真↓:子供たちに落ち葉を掛けられて埋もれる三男。その中でも、ひたすらおやつを食べていました。

f0095714_1995755.jpg

お城の周りの池にいる鯉にエサをあげたり、木に登ったり、迷路みたいな木々の中を進んでみたり、鬼ごっこをしてひたすら走り回ったり、落ち葉をお投げ合って遊んだり、きれいな葉っぱや・木の実を集めたり。

おやつと飲み物も持参したので、みんなでピクニックもしました。

f0095714_19124458.jpg

この女の子はうちの長男LOVEなんだそう。私も何となくそうかなと思っていましたが、彼女のお母さんから聞いてやっぱりなと。一方の長男はまだまだ子供、全くその気がないみたいです。笑)

f0095714_1949385.jpg

f0095714_1911237.jpg

f0095714_19105784.jpg

男の子って、本当に木登りが好きですね。木があるとすぐに登り始める。手すりの付いているドアとかどこにでも登ります。苦笑)かなり高い所まで登るので初めはヒヤヒヤしていましたが、今では自己責任、どうぞご自由にというスタンスで。痛いのがイヤだったら、自分で気を付けるだろうし。

たっぷり秋を満喫しました♪

f0095714_19121184.jpg

[PR]
by miezchen | 2015-10-31 20:04 | おでかけ | Comments(2)
Commented by yuki at 2015-11-26 11:51 x
カサカサと音が聞こえてきそう。 ドイツも四季が(夏が暑くなってきてるのもあって)ハッキリしてますよね! 日本は気温が高いのもあって、「穴場」と言われる場所や高地に行かないとずいぶんとくすんだ木々が多くなってしまってますよ。 たくさんの落ち葉だけで、子供がとっても楽しそう♪
Commented by miezchen at 2015-11-27 01:43
子供は森に連れて行けば、飽きることなく遊び続けられますね。落ち葉の中をカサカサと音を立てて走り回ったり。
ドイツの紅葉は黄色系が多い印象を受けます。日本の秋はかれこれ10年くらい訪れていません。くすんだ色の木々が多くなっているとのことですが、亜熱帯化で紅葉にも影響が出ているんでしょうか?久しぶりに日本の紅葉を見てみたいな~。でも子供が学校に行き始めたし、あと10年、20年は見れないのが残念です。
<< ハロウィンとSt. Marti... キャラメルナッツのバナナケーキ >>