ニコラウスの日☆
f0095714_5184741.jpg

日曜日はニコラスの日でしたね。土曜日の夜に、子どもたちが心待ちにしていたニコラウスが家にやってきました。




退院してきてすぐだったので、準備は前もって済ませておいて。でも、いつものことながらニコラウスが来る前はバタバタしてしまいます(去年のニコラウスの日はこちら)。

入院中は退屈するだろうなと心配していましたが、のんびり寛いでしまった。笑)今回の秋ドラマ。1話からずっと見ているのはコウノドリだけで、ほかのはチェックする時間もなく。日本のドラマに関してはこれ!というものは初めから見ますが、ほかは3話くらいまで進んだら視聴率の動向・満足度なんかをチェックして良さ気なものを1話から見るようにしています。病院では時間がたっぷりあったので、ひたすらドラマ三昧。家事も育児もしなくていい自分だけの時間が、こんなに長期間あったのは久しぶり。

視聴率が比較的いい"5時から9時まで"と"下町ロケット"を一気に8話くらいまで見ました。5→9は漫画をドラマ化したものらしく、電子コミックを購入して漫画の方も今読んでいるところ。ドラマは見始めると止められなくなって、夜中の2時過ぎまで見続けてしまった。朝6時半には血圧やら検温で起こされるのでやや寝不足ぎみ。。。

f0095714_5253947.jpg

私が不在の間は、夫が頑張っていてくれました。帰宅後も重いものは持てないので、夫に家事の大部分・子供のお世話はまだお任せしています。朝は子供たちに支度をさせて、朝食を食べさせて、お弁当(おやつ)を作って持たせ、学校と幼稚園に徒歩で送っていって、三男を義母に預けて仕事へ。午前中いっぱい仕事をして、お昼に子供たちを迎えに行って昼食。午後は自宅で長男の宿題をつきっきりで見て、終わったら粘土等で遊んで、夕食の準備をして食べさせて、2階に上がったらシャワーを浴びて、着替えさせて、歯を磨いて、本を読んで。子供たちが寝付いたあとは自宅で仕事。長男と次男は自分の身の回りのことは大体できるし、お手伝いもしてくれるし。

でも、初日のメールでは「3人の面倒を見るのは大変。。。」とさすがにグッタリしているようでした。最初はやる気マンマンだった夫。お弁当はかわいい型でくり抜いたりして、子供たちが喜んでくれるようなものを作る!と張り切っていました。私は朝が苦手で起きるのが一番遅く、いつもギリギリまでzzz。長男と次男は自分たちで着替えて1階へ行き、自分たちで朝食を食べてジャンパーを着て、出掛ける準備はさっさと済ませています。私はというと、起きてから三男の着替えをさせて、持っていくおやつの準備をして、子どもの歯磨きをして、起床してから15~20分で子供たちを送っていく超タイトなスケジュール。もっと早く起きればいいだけのことですが、朝は1分でも長く寝ていたくて。そんなギリギリの時間の中で、手の込んだおやつを持たせるのはムリですね。毎日のことなのに手を掛ける時間なんてなくなるよ~と、夫に何度も忠告。思ったとおり、そんな余裕はなかったようです。

*****
f0095714_5245018.jpg

そして土曜日・夜のニコラウス来訪。今年はオーミも自宅に誘ってみました。夫が嫌だと言うので去年までは誘えずにいましたが、今年は私が独断で招待。夫がご馳走を作っておもてなししてくれました。

夕方6時過ぎに、ニコラウスとクランプスがやってきて、早速ニコラウスからのお話がありました。三男:お兄ちゃんたちと仲良く遊べる。長男&次男:いつもお部屋のお片づけや、ママとパパのお手伝いができてえらいね。長男:やるべきことを後回しにせず先に済ませることができる。宿題もすぐに終わらせる。でも字はもう少し丁寧に書こうね。次男:弟にあまりいたずらをしないこと。「歌が上手だから何かクリスマスソングを歌って」と次男がニコラウスにリクエストされました。でも拒否。苦笑)代わりに長男が、もみの木の歌をピアノで弾いてくれました。次男に関しては"声がデカ過ぎ"とか"人の話をちゃんと聞いて"とか、もうちょっと直して欲しいところがあったのですが、多すぎると入っていかないと思いグッと抑えて1つに絞る。苦笑)三男はニコラウスを見ながら、何が面白かったのか終始ニコニコ大爆笑。最後にニコラウスからのプレゼントを受け取って終了~。

f0095714_5251218.jpg

金曜日には幼稚園と学校にもニコラウスが来たらしく、子供たちがプレゼントをもらってきました。写真↑は、次男が幼稚園で作ってきた入れ物。ニコラウスの後ろ側が筒状の入れ物になっていて、中にはチョコレートやらレープクーヘン、みかん、ナッツ類なんかが入っていました。

長男は帰宅後「クランプスは学校の〇〇(先生)だったよ。みんな言ってた」と。そして、うちにやって来たクランプス。今年のニコラウスはいい雰囲気のおじいさんでしたが、クランプスは小柄でキシャな体型の人でした。夜寝る前に長男から「今日のクランプスは女の人だったね。どうして?」と聞かれてしまいました。さらに「ニコラウスの白い髭は紐で耳にくっついてた」とも。汗)

緊張していたのによく観察しているな~。子供って鋭い。こんな調子で少しずつ、いろんなことに気付いていくんでしょうね。でもまだニコラウスやクランプス、クリストキントが存在しないという核心にまでは気付いていないのが救い。来年あたりは学校でも、ニコラウスは本当はいないよ~なんていう子もちらほら出てくるだろうし。いつまで信じてくれるのかな。

f0095714_5481067.jpg

そして日曜日。午前中に、子供たちが通っているTurnen・体操教室主催の徒競走大会がありました。ニコラウスの日に森の中で走りっこをするというもの。距離的には次男は300m・長男は500m走。子供たちと夫が参加し、私は一人でお留守番していました。次男のゼッケンを見たら98番だったので、参加者も私が思っていた以上に多いまともな大会だったみたい。

帰ってきた次男がすぐさま私の元へ。3位に入賞し、町長さんからトロフィーと賞状をもらってきたんだそう。長男は6位入賞で賞状のみ。次男は長男と比べると出来ないことも多く、走りっこをしても大差になります。2才年の差があるんですから当然ですよね。頭では分かっていても無意識のうちに長男と比較して、次男は足が速くはないと思い込んでしまっていたみたい。

ずっとトロフィーが欲しいと言っていた次男。どこかちょっと誇らしげで、とても嬉しそうでした。

f0095714_5243180.jpg

[PR]
by miezchen | 2015-12-08 05:51 | イベント | Comments(4)
Commented by あつんこ at 2015-12-08 21:21 x
待ってました、ニコラウスの記事🎵笑。
それにしてもどうやって育てたらmiezchenさんのように自立した子供達になるんでしょうか。うちなんて子供より何分も早く起きてお弁当を作り、着替えなさいと服を持って追いかけわし、朝ごはんを食べさせて、歯も磨いて、ジャンパーすらノロノロノロノロしか着てくれないので最後に私が切れる。。二人で一緒にやってくれることなんてテレビみることくらいです 泣。朝子供達が出て行ったあとは、本当にぐったり。子育てのやり方を教えてもらいたいものです 苦笑。
Commented by miezchen at 2015-12-08 23:24
子供が自分たちでやるのは、単に母親がグータラだからだと思います。よくある、親が酷いと逆に子供がしっかりするパターンでしょうか。苦笑)逆に、ちゃんとした母親なら子供はやらなくても済むだろうし。あつんこさんが、しっかりしたお母さんだということです。
私は宿題もやりたくないならそのまま白紙で持っていけばと言うし、朝も自分で準備しなければ遅刻するだけだと放置するし。自分が叱られて困るだけだよ~と。身の回りのことやお手伝いも、できそうになってきた年齢にしっかり教え込んで、あとはもう自分でやってもらいます。そうすると最終的には自分がラクなので。家の仕事はお母さんだけでは大変、みんなでできることをしてもらわないと手が回らないというのもありますし。それでも、うちの次男は恐ろしくマイペースな子なので、この適当な私でさえも何度も切れさせてくれます。なかなか手ごわいですね。笑)
Commented by uki2bnny at 2015-12-09 02:56
毎年ニコラウスがいらしてて、羨ましい!!
Commented by miezchen at 2015-12-09 06:24
今年のニコラウスは当たりでした。体型もややふくよかで、ちゃんとニコラウスらしいおじいさんだったし。一昨年は若くてイケメンすぎてニコラウス感が薄かったので。笑)一方のクランプスはなぜか女性でした。何でだろう?人手が足りなかったのかもしれませんね。
<< ドイツ料理・Tafelspitz クリスマス準備いろいろ。 >>