ドイツ料理・Tafelspitz
f0095714_19532437.jpg

今日はサイレーンの最終回。先週妹に電話したときに、ドラマの話題が出てサイレーン面白いよ~と言うので見てみたらハマってしまった。寝る時間を削って、週末に8話まで一気に見ました。最終回はどうなるのかな~、楽しみ。




写真はよく行くレストランで食べる"Tafelspitz"。メイン皿のほかに、サラダと温かいコールスローが付いてきます。妊娠中には食欲がなかったので、これをよく注文して食べていました。ドイツに住み始めたときに、義母が調理したものを食べたのが最初。当時は嫌いでしたね、このドイツ料理。茹でた肉をわさびクリームソースで食べるって。。。

それが今では好きになって自宅でも月に2回は作るくらい。レストランでも、メニューにTafelspitzがあるとよく注文します。いろんなレストランで試しましたが、美味しい!と思うものが食べられたのは今まで3軒だけ。肉の旨みがありつつ一緒に調理した野菜の旨みもして、肉が柔らかくしっとり、パサ付いていないもの。なかなか奥が深い料理だと思います。

f0095714_19535966.jpg

うちで作るときにはTafelspitz用(Huefte・腰の辺りの肉)の肉1.5~2kgと、Suppenfleischを肉屋さんで購入。骨が付いている肉を入れると、骨からもいい出汁が出る。これは翌日スープにした時に、小さく切ってスープに入れて食べます。

これで2食分。それでも余っていたら3日連続で食べることも。苦笑)ハンバーグやボロネーゼを作るときもひき肉2kg。多めに作った方が、作り置きができるし美味しいので。けんちん汁とかも大鍋にたっぷり作って、何日も食べ続けます。ブロッコリーとかも一食で食べる量がハンパない。1kgとか茹でても即・完食。みんなブロッコリーが好きなのでそれを取り合うようにして食べます。笑)1回目は普通にTafelspitz、2回目はスープにして食べます。肉や野菜からいい味が出て、このスープが美味しい♪

大鍋に肉と水を浸るくらいまで入れ、塩とブイヨン少々、出汁用の野菜(ボロネギ、人参、パセリ、根セロリ、玉ねぎ)を一緒に入れて調理します。一度に使いきれるように、パックに入ったSuppengemuese・出汁用の野菜(写真↑)を買ってきます。沸騰させると肉の旨みが出てしまうので、3時間くらいかけてとろ火でコトコト調理。途中で出汁用の野菜を取り出し、切った人参、じゃがいも、コールラビを入れて火を通すだけ。ソースは西洋わさび、生クリーム、塩、コショウ、ブイヨン等で味を調えたものを。

野菜もたっぷり取れるし、最後のスープまでしっかり食べられるのが〇。

f0095714_19541674.jpg

[PR]
by miezchen | 2015-12-15 19:58 | ドイツ料理 | Comments(2)
Commented by Bier-Reise at 2015-12-16 04:06 x
みっつぃさん、お久しぶりです!私もTafelspitz大好きで、夫がフランクフルトの方の出身なので、うちはもっぱらFrankfurter グリューネゾーセです。多めに作って2回食べられるのもいいですよね、でもグリューネソースは冷凍のハーブミックスを使うと水分が多いせいか、1日もつかもたないかくらいなので、ソースは都度作らなければなりませんが。。そしてやっぱり、スープですよね!!このスープの味をさらによくするために、Suppenfleischを買う時は必ず骨も多めに付けてもらいます。
WienにあるPlachutta行きましたか?もうここを知ってからは、うちはWienは甘いものではなく、ここのTafelspitz目当てになりました。
あっそうそう、Bio Hotel Stanglwirtはずーっと行ってみたいホテルです、ただ予算が・・・

お体に気をつけて、よいクリスマスを☆
Commented by miezchen at 2015-12-19 00:25
Tafelspitz、美味しいですよね~♪
私も夫もメインの肉よりも、いい出汁が出たこのスープが大好きです。グリューネゾーセって聞いたことはあるのですが、まだ一度も食べたことがありません。Tafelspitzのソースにも使えるんですね。
WienのPlachuttaは行ったことがないです。というか、Wienに行ったのがいつだったか思い出せないくらい。長男が生まれる前とかかも。汗)Tafelspitzが美味しいんですか。次にWienに行く機会があったら、是非行ってみたいと思います!
<< レーゲンスブルクのクリスマスマ... ニコラウスの日☆ >>