もしかして人身売買?と思った出来事
f0095714_7394294.jpg

長男の小学校生活も半年が経過しました。



先月末に初めての通知表をもらってきた長男。1年生のうちはまだ数字の評価ではなく、科目ごとに文章での評価になります。本人としては満足の成績だったみたい。オーミにも見せる!と言って、コピーしたものをオーミ宅へ持っていきました。半年間よくがんばったね、と家でもちょっとしたお祝いをして。

学校に行きたくないと言う事も今のところなく、学校生活にもだいぶ慣れてきたみたいです。入学したての頃は、新しい友達ができるか若干心配もしつつ。長男は仲良くなるまで時間が掛かるタイプなので。それなのに、幼稚園で仲の良かったお友達3人とは別のクラスになってしまい。。。

ドイツでは普通、幼稚園での仲良しは小学校に行っても同じクラスになることが多いです。それなのに、長男とその親友の男の子は別々のクラス。なぜかというと、別の男の子2人+親同士の仲が悪くなってしまったから。で、その二人を別のクラスにするため、長男とその親友が離されるハメになったみたい(同じグループで年長さんの男の子は4人。小学校は2クラスなので2人ずつに分けなければならなかった)。親友の子のママが真剣にクラスを変えてもらおうかなと。私にも「クラス変える気ない?ほかにも〇〇と〇〇(長男の仲良し)もいるし」と言ってきました。苦笑)こんなことを親が言い出したら収拾が着かなくなって先生も大変だろうし、私は変えるつもりはなく。お友達のママたちとも頼みごとをされたり・したりといい関係を築けたので、もちろん残念でしたけどね。

ガッカリするだろうなと思って長男にこの話をしたら「学校は勉強しに行くところでしょ。クラスが離れても〇〇とは友達だし、新しい友達もできるから」と、けっこうサバサバ。クラス分けで一喜一憂している親たちよりも大人の対応でした。笑)クラスは分かれたけれども、その子とは家を行き来して遊んだり今でも仲良しです。クラス内にも新しいお友達ができたみたいだし一安心。。。

f0095714_7401611.jpg

そして小学校の登下校。うちでは今のところ送り迎えをしています。ほかの子はどうしているのかなと様子を見ていましたが、一人で歩いて通っている子もいるようです。親が送り迎えをしている場合が多くて、あとはバス通学。1キロ以内の徒歩圏内の距離でも、スクールバスが通るところならばバス通学が可。長男のクラスの半数近くがバス通学です。基本は車で送っていきますが、冬以外、時間+生活に余裕があるときにだけ徒歩で送っていきます。車だと学校までは1、2分の距離。でも、徒歩だとベビーカーを押して、家→小学校→幼稚園→家に帰って来るまで1時間ちょっとは掛かってしまう。夫は徒歩が好きなので、今のところは準備が早く済んでいれば歩いて送っていく感じかな。

長男は一人で歩いて登校できると言っていますが、やっぱり心配だしまだちょっと無理。治安もいいし、私もこの感じだったら一人で通わせても大丈夫と思っていました。でも、自分の子供となるとどうしても最悪のことを考えて躊躇してしまう。長男が3年生になったら次男も1年生になって一緒に通えるし、その時にまた考えようと思います。GPSを付けてだったらいいと、夫。私も最悪の場合を考えての安全対策をした上だったらいいかなと。でも、それだったら送り迎えをした方が気がラクかもしれません。私が子供の頃は、登校は集団・下校は友達とだったり一人だったり。親に送り迎えをしてもらっている子はほとんどいませんでした。今はどうなんでしょうか。

どうしてここまで慎重かというと、、、世間の闇の部分って自分が知らないだけで、意外と身近なところにもあるんだなと思った出来事があったから。あと、最近見た映画。登校中に誘拐されて8年間監禁された女の子の話。オーストリアで実際にあった事件なので、覚えている人も多いかと思います。これを観て怖いなと。。。

夫がお客さんの家に行った時のこと。部屋で話をしているときに、男性:「Brauchst Du ein Junge?(男の子が欲しい?)」 夫:「Was kann er machen?(何ができるの?)」 男性:「Nichts(何も)」 夫:「・・・」 男性:「・・・」。夫は、会社で若くて安い人材が必要かという意味で初めは捉えたらしいです。でも、そのあとのNichtsという返答と無言の時間・雰囲気で何かおかしいな、、、と。その場は、人手は間に合っているからともちろん断ったそう。

あとでよく考えたら、彼は人身売買をしているのではないか?と。その部屋にはその男性と夫、若い男の子の3人がいたらしいです。男の子は東欧出身の10代前・中半くらい。初めは何で男の子も同席してるのかとちょっと疑問に思ったらしい。男性は、貧しい東欧から来た若い男女を受け入れて家に住まわせているので、若者が家にいたとしても何ら不思議はなく。それでも疑いを持ったのは、その時の空気・ニュアンス・勘でしょうね。直接的なことを言われた訳ではないので推測の域を出ませんが。。。

私が住んでいる町でも、犯罪の話を最近ちらほら耳にするようになったし。ここに住み始めた当初・10年前はもっと治安は良かったんですけどね。あちこちの会社が被害に遭っていて、先日は大型の新品重機数台が展示場からごっそり盗まれる事件が。ゲートは?重機の鍵は?人目は?明らかにプロの犯行でしょうね。ドイツで盗んだものを東欧へ密輸といった流れでしょうか。会社の人も不審人物から車のナンバープレートを売ってくれと最近話し掛けられたことがあるらしく(もちろん断りましたが警察に通報せず)、その日の夜に自動車ディーラーで窃盗事件が起きたり。うちもセキュリティーを考え直さないといけないなと話しているところです。

私の疑問としては、どうして仕事で何度か会っただけの夫にそんな話を持ちかけてきたのか。なぜ女性ではなくて男の子だったのか。彼は今までも男性に好意を寄せられたことが何度かあるらしいし、そっち系に見えたのかもしれません。苦笑)

夫はその後、警察に言ってその話をしてきました。それ以降は男性と会うこともなく、最近になって亡くなったことを新聞で知りました。同じ家に住まわせていた若い女性に殺されたそうです。新聞記事は、ボランティア精神に溢れる男性の死を悲しむ好意的な内容でした。彼の裏の顔はまだ明かされていないことを知った夫は、もう一度警察へ。まあ、夫の話だけでは直接的なことは何も言われていないし、逮捕することは難しいでしょうけどね。この話をもう一度してどこまで捜査が進んでいるのか聞きましたが、もちろん捜査上のことは教えてもらえませんでした。

若い女性が彼を殺した動機、この家に住んでいたほかの若者たちに事情聴取をすれば何か明らかになるのかなと思っていましたが、そういった記事が出ることはなく。彼らが何も言わないのかもしれないし、言っても警察は動きようがない・確証までには至らない、そもそも彼は人身売買なんてしていなかったのかもしれない。私には知る由もなく。でも、貧しい若者に手を差し伸べていた地元の名士が、世話をしてあげていた相手に殺害されるというこんな悲惨な最期を迎えるものなのか。何か裏で悪事を働いていたのではないか、、、とどうしても邪推してしまいます。本人はもうこの世にいないし、真相は闇の中です。

何もない平和な生活が当たり前、でも一度でも事件に巻き込まれてしまったらもう取り返しがつかない。治安の良し悪しももちろんありますが、あとは運もあるんでしょうね。親としては事件に遭遇するリスクをできるだけ減らすしかできないのかなと。私が知らないだけで、どこにでも危険が潜んでいるということを忘れてはいけないなと思わされた出来事でした。

f0095714_740041.jpg

[PR]
by miezchen | 2016-03-13 16:00 | 学校 | Comments(4)
Commented at 2016-03-16 10:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miezchen at 2016-03-17 19:30
初めまして。コメントありがとうございます。
質問についてですが、完全に③の私が間違えただけです。
こんな初歩的な文法ミスをするなんて、お恥ずかしい限りです。
もっときちんとドイツ語を勉強しなくてはダメだなと、、、反省しております。
Duzen・Siezenの判断って難しいですよね。
未だにどっちにすればいいのか迷うことがあります。
夫に実際の会話をもう一度確認してみたところ、彼とは初めからお互いDuで話していたそうです。
ほかのお客さんとは?と聞くと、お互いにDuで話すことが多いそうです。というのも、客層がこのあたりに住む人たちが多いから。面識がどこかで一度はあるはずなので、年上でもよっぽどでない限りDuだそうです。
Duで失礼ではないのか聞くと、その方が好まれるとのこと。相手は夫のことを知っているのに、夫は知らないというパターンがけっこうあって、Sieで話してしまうと自分のことを知らないの?と逆に失礼に当たるから。Duならばその失敗をせずに済み、相手に親しみを示すことができるんだそうです。逆に遠くからの客で面識が確実にない、相手の年齢や職業によってはSieだそうです。
うちの夫がそうしているというだけで、銀行や病院、役所に行ったら確実にSieですね。ドイツ社会全体がそうなっている訳ではありません。
最後になりましたが、ご指摘ありがとうございました!またブログに遊びにいらして下さい。
Commented at 2016-03-18 13:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miezchen at 2016-03-18 22:22
自分が会話する以外で、ほかの人たちがDu/Sieのどちらを使っているのか。今まで気にかけたことも深く考えたこともありませんでした。なるほど。私はここ最近・10年くらいのドイツしか知らず、この状態がスタンダードなので比べようがありませんが、鍵コメさんが住んでいらした頃のドイツと比べたらもしかしたらDuzen率が高くなってきているのかもしれませんね。こちらこそ有難うございました。
<< テフパンケーキ☆ SodaStream購入 >>